So-net無料ブログ作成
検索選択

セカンドチーム紹介@Kグループの中盤 [WCCF]

┏━┳━┳━⑪━┳━┳━⑨
┃□┃□┗━⑩━┛□┃□┃  ⑪シェフチェンコ(05-06WFW)
┃□┃□□□□□□□┃□┃  ⑩ベルカンプ(05-06LE)
┃□┗━━━━━━━┛□┃  ⑨ドログバ(05-06WFW)
┃□□□□□□□□□□□┃  ⑧ジャンニケッダ
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑦アッピア
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑥ガットゥーゾ
┣━━━━━━━━━━━┫  ⑤ネスタ(05-06WDF)
┃■■■■■■■■■■■┃  ④テュラム(05-06黒)
┃■■⑥■■⑦■■⑧■■┃  ③アレックス
┃□□□□□□□□□□□┃  ②アンドラーデ
┃□┏②━③━④━⑤┓□┃  ①フレイ
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛
【控え】
 フリオ・クルス
 ヨルゲンセン
 シモンズ
 ビリカ
 センデロス

少し前のチームですが、感想などを書き忘れていたので、書いておきます。

コンセプトは巷でよく使われているKグループの優良白の中盤を中心に輝かせてみようということで作りました。
評判通り、奪取展開には問題なく非常にDF面でも安心できるチームでした。
大きな穴はなかったと思いますが、左SBのアンドラーデが結構あっさり交わされるシーンが多かったような気がします。
右サイドアンドラーデのチームと当った場合でも結構楽に交わせた記憶があるので、弱体化したのでしょうかね?

中盤3人とTOP3人を黄金で繋げて連携面ではほぼ納得の連携を作ることが出来ましたが、
成績はそれほど奮いませんでした。片側のみサイド攻撃だったので、ドログバ頼りのチームになってしまい、
そこを徹底的に潰されて何も出来ない・・・ということもしばしばありました。
左WGにシェフチェンコを起用したりもしましたが、内側に切り込んでしまう動きが多く、
思い通りの動きはしてくれませんでした。
ただ、ベルカンプのTOP下のシャドーストライカーとしてはものすごくよく働くことが分かりました。
こいつの悩みの種はスタミナなので、WGで使うよりはトップ下起用の方が良いと思います。

このチームから学んだことは、中盤のKグループは確かに使えるが、
横の連携がないのでそこを強化すると恐ろしくなるんじゃないかと・・・。
例えば、3枚の中にダボを入れてみるとかね。
あとは、左WGは左利きに、右WGは右利きに任せた方が外に開いてサイド攻撃を効果的にできる。
右利きの左WG起用は内に切れ込むので、それをうまくボタン操作でこなせれば問題もないんですが、
私にはそこまでの技量がなかったので、そういう結論に達しました。
シェフチェンコは確かに強いんですが、なんだか思ったよりは簡単に潰される印象が残りました。
MVPとWFWでは大分違うんでしょうかね?パラメータはほぼ一緒なんですけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トップチーム紹介@ボロボロ [WCCF]

┏━┳━┳━━━┳━┳━┓
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃  ⑪ファンニステルローイ(05-06WFW)
┃⑩┃□□□□□□□┃⑨┃  ⑩デルベッキオ
┃□┗━━━━━━━┛□┃  ⑨アンリ(05-06CRA)
┃□□□□□□□□□□□┃  ⑧エシアン
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑦ダボ
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑥スコールズ(05-06LE)
┣━━━━━━━━━━━┫  ⑤トゥーレ
┃■■■■■■■■■■■┃  ④リオ・ファーディナンド(04-05WDF)
┃■■⑥■■⑦■■⑧■■┃  ③マルディーニ(05-06LE)
┃□□□□□□□□□□□┃  ②アビダル
┃□┏②━③━④━⑤┓□┃  ①カリーニ
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛
【控え】
 クライフェルト
 トゥドール
 マツザレム
 ボウマ
 ホッキ・ジュニオール

総評としては、LEスコールズの登録ミスによって全てが壊れたチームでした。
当初はスタメンでトゥドールを右ボランチに起用して、スコールズをWGでと考えていましたが、
これが予想以上の誤算で全く機能せず、仕方なくTOP下に戻したものの
アンリ一辺倒のサイド攻撃では安定感にかけました。
アンリも突破は素晴らしいんですが、ドリブルが大きいし、
ラストパスをなかなか出してくれないので、好不調の波が激しい。
それを現すかの如く、デルベッキオをスタメン起用し始めた途端にチームが波に乗りました。
ただ、チームの好不調の波も激しく、勝つときは6-0とかで勝つんですが、
次の試合では0-1でころっと負けたりします。
そういう意味では、ストレスの溜まるチームでした。

守備陣をAグループで固めてそこからの連携をと思って立ち上げたのですが、
リオとスコールズ、リオとニステルローイはともに特殊不連携。
それを差し引いても十分なくらいに黄金連携を作ったんですが・・・。

プラスの収穫はなくマイナスの収穫ばかりでしたね。
・リオはそれほど使えないということ。守備範囲が狭いし、足が遅いのでカバーリングできない。
・マルディーニのCB起用には相変わらず高い信頼はおけない。
・スコールズはWGでは機能しない、こいつは根っからのパサー。
・ラーションの存在は大きかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トップチーム解散 [WCCF]

ついこの間ようやっと全冠を果たしたトップチームで残り12試合でローカルに
挑戦しようと思いながら蹴ってきた訳です。
残り12試合なので4試合ずつ行っていけば残り3回は挑戦できる計算です。
セカンドチームは立ち上げていないので、無駄なクレを消化することが出来ないので
野口さんで4ゲーム消化を目論む(500円ずつ投下)。

で、いざ出陣ってときに、カードの認識が不安定。
「ウワン!ウワン!」と鳴きながら3選手くらいが×を出しています。
あれ?もう、調子悪いなーと思いながら何とか決定させたと思った瞬間・・・

スコールズが消えました・・・OTL

ご存知の方はたくさんいると思いますが、
一度チームから選手登録を解除してしまうと経験値、連携は全て白紙になってしまいます。
つまり、スコールズつながりの黄金連携が全てぱぁー!
スコールズ中心のチームと言ってもいいので何よりの大打撃で、
ショックを隠し切れませんでした。
我慢して折角FMをたくさんこなした苦労が全て水の泡と化しました・・・。
この瞬間頭をよぎったことは、「即辞任」でしたが、ゴーストを残すのも
あまりよろしくないので、とりあえずローカルだけはこなして・・・
と思っていたら決勝まで進み、「あれ?こんなチームで獲れる?」と思った矢先、
あえなく防衛チームに敗れ去りました。

意気消沈のまま、サテライトの調子の悪さに頭に来たので、
お店にメンテしろっ!ていう苦情のメールを出しました。
そうしたら、丁寧に翌日即対応。
傍から見学しつつ、なんだか少し申し訳ないと思いつつも、
お店側のメンテとしては最低限のことかと・・・。

結局トップチームを継続する気力が失せたので、辞任してレジェンドで再びやり直しです。
今までのA-FグループチームからD-Jグループチームに変更です。
どうなるか?こうご期待。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有終の美 [WCCF]

トップチームですがいよいよ終わりを告げるときがきました。
残り7試合で1回LCに出れば終わりという状況でした。
ちょっと足を運んだラウンドワンでチャンスが巡ってきたので、LCに挑戦。
参加は自分を含めて2人しか居ませんでした。
予選3戦行っての準々決勝、準決、決勝というICC方式の6戦。
予選はCPU3チームで問題なく3連勝、準々決勝も難なく勝ち上がって、準決で対人戦を迎えます。
相手の方は良くてAランクくらいの監督さんでしたが、これも無難に退け決勝へ。
決勝が一番の難所だと思ったんですが、意外やあっさり勝ってチャンピオンになりました。
このチームはなんなんでしょうね、最後の最後の来て負け知らずで、8度目のLC獲得です。
それとこの対戦でちょっと収穫ありました。
個人的に大好きなリヴァプールのある選手の起用法についてですがね。
相手にしてみるとよーく分かるものです。

ちなみにエリア大会の結果は3回戦敗退でした・・・。
火曜の時点でチャンピオンから脱落しているので、そのうち残り1試合を消化して
面子をちょこっと変えて新たなチームを立ち上げようと思います。
ちなみにですが、今回のチームでの獲得賞金は350億を越えました。
ひょっとしたら店内ランキングに載るんじゃないかと密かな期待を持っています。

セカンドチームはシンクロ待ちの状態に入ったので、カップ戦とRL1をこなしていこうかと・・・。
FMで2戦快勝もこのメンバーでは最高の試合・・・はちょっとへこたれます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

善戦 [WCCF]

7度目のLC戴冠を果たしたトップチームのエリア大会を新チームの育成をしながら
LIVEで見ていたんですが、自己記録更新のBEST8進出の快挙です。
ひょっとしたら・・・なんていう甘い思いを抱いた瞬間にやられました。
ただ、負けたチームは優勝チームなので納得です。
準々決勝の試合は終始押されていて、カリーニが奇跡のセーブを連発して
何とか凌いでいたんですが、最後にはゴールを割られました。
こちらはなかなか攻め手が見つからず、相手が疲れたところ1点を返すのが
やっとという感じでした。

ちなみにですが、このチームの連携はLCを初めて獲ったときからほとんど変わっていません。
なぜなら、このチームは公式大会予選用のチームで、
1月半ばくらいにチームとしては戦えるところ(全冠)まで成長させて、
あとはひたすらLCに挑戦してきたというわけ。
負けたときのクレ消化はセカンドチームで行ってきたので、
全冠したあとはあまりFMをこなしてません。
何が言いたいかというと、連携も重要だが、LC登録時のフォーメーションも重要ということ。
通常に自分で操作するときは、セカンドチームと同じフォメ(4-3-3)で戦ってますが、
LCのフォメ登録は最近3-3-1-3の6バックにしています。
4-3-3でも何度か登録してやりましたが、あまりいい成績ではありませんでした。
6バックの方が成績も良いようです。
エリア大会は自分の手で操作が出来ないので、成績の良いものを素直に採用しています。
それも試行錯誤ですがね・・・。

立ち上げた新チームは調子に乗ってFMをやりすぎて勝利精神が下がり始めました・・・。
気をつけてはいたんですがICCの裏での5戦連続はさすがにまずかったようで・・・。
ま、ボチボチ連携とDL2とカップ戦と出て行きます。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チーム紹介@セカンドチーム全白 [WCCF]


┏━┳━┳━━━┳━┳━┓
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃  ⑪フレッジ
┃⑩┃□□□□□□□┃⑨┃  ⑩ディ・バイオ
┃□┗━━━━━━━┛□┃  ⑨シセ
┃□□□□□□□□□□□┃  ⑧ジェレミ
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑦オボード
┃■■■■■■■■■■■┃  ⑥シャビ・アロンソ
┣━━━━━━━━━━━┫  ⑤オレゲール
┃■■■■■■■■■■■┃  ④レグロッターリエ
┃■■⑥■■⑦■■⑧■■┃  ③キャンベル
┃□□□□□□□□□□□┃  ②エインセ
┃□┏②━③━④━⑤┓□┃  ①ジダ
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛
【控え】
 トマソン
 グジョンセン
 タッキナルディ
 サニョル
 アンドラーデ

E-Hグループを中心に全白チームで挑戦をしてみました。
遊び半分で作ったチームでしたが、カップ戦もあれよあれよという間に勝利して
結局監督レベルSながら全冠を制覇しました。
連携も結構頑張ったおかげで黄金連携がいっぱいですが、
シャビアロンソとフレッジ、シセとオレゲールが最後まで繋がりませんでした。
それ以外はほぼ満足な出来具合です。

簡単に初めて使った選手の使用感などを。
フレッジ、ディ・バイオについては白なりの活躍をしてくれます。
多少力弱いところを見せますが、シュート精度はまずまずです。
ディ・バイオは角度の薄いところからでも良く決めてくれました。
シセに関しては・・・ここぞってときに外してくれたり好不調の波が激しいです。
さらに経験値もなかな貯まらないし、絶好調でないと1試合持たないし・・・
何かと不便でしたが、控えをうまく使えばさして問題はありません。

中盤のオボードはいい働きをしてくれました、やや攻撃的なところが強い感じですが
守備もいいですし、パスの捌きもいいです。ジェレミは守備に不安がある感じです。
攻撃に関しては文句はないので、右のハーフやや上がり目くらいのところが一番輝くと思います。
シセを外してジェレミをそこで使ったりもしましたが、そちらの方が活き活きするようです。

さてこのチームの癌とも化してしまったシャビアロンソですが、
何分プレッシングサッカーを好む私にとって中盤で体力がないのは致命的ですね。
普通にみれば優良選手ですが、シンクロはなかなかしないし、いざっという時には
必ず何か失敗するわでことごとく自分との相性が悪い選手だと思いました。
体力がないのでボランチ起用は止めた方が良さそうですね。
TOPした起用の方が輝いたかもしれません。

DF面は経験値が貯まるまでは我慢ですね。エインセも初めはどうなるかと思いましたが
経験値が貯まってからはいい働きをするようになりました。
ただ、レグロッターリエはちょっと落ちつかなすぎなので同じタイプのCBと組ませるのは
よろしくないかと。右のCBなのに左SBにまでディフェンスしに行くって・・・
小学生のサッカーじゃないんだから・・・。

このチームの改良点はボランチと右SBですね。
その点を強化できれば面白いかもしれません。
Hグループならコロッチーニ、マラスコ、グレッラ
Eグループならマレスカ、バローネ、コンテあたりが使えるかもしれません。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全白最後の挑戦 [WCCF]

あと残り数試合となり、ローカルに最後の挑戦をしてきました。
何度か挑戦するも2回戦でころっと負ける不甲斐ない戦いが続いたので
2回戦さえ突破できれば・・・という強い気持ちを持ちつつ試合に臨みました。
1回戦を4-0で快勝し、迎えた2回戦序盤から絶好調のシセがキレキレ。
キーパーを交わしてあとはゴールへ蹴りこみ先制かと思われた次の瞬間・・・
ボールを枠の左側に外しました。(゚Д゚)アイタクチガフサガラン

シセにはもう信頼はおけん!と左のディ・バイオから攻撃を開始して見事にゴールを奪う。
1点先制すると気持ちがだいぶ楽になり追加点も奪って終わってみれば、2回戦も完勝。
最大の難関を突破して続く準決勝はさらっと勝ち上がり、いよいよチャンピオンとの対戦です。
とその前に運良く特別ボーナスで全員絶好調に。
こりゃ、ひょっとしたらいけるぞと思い込み始める。

相手のCFは大嫌いなシェフチェンコです。
試合開始早々に先制するも、その後は押されっぱなしで、相手右サイドのジェラードを
止めきれずに前半で3失点。どうにかせねばと思い相手のフォメを確認し、
ジェラードを止めれば何とかなりそうという結論に至った。
そして右のSB(オレゲール)を外して、アンドラーデを投入し、3バックにして、
左のエインセをジェラードにマンマークさせるように変更。
とりあえず、それで後半に臨むと、CKからシャビアロンソが決めて1点を返す。
こりゃ、いけるかもと思いながら気持ちが乗ってくると、後半35分過ぎに3-3に追いつく。
半ば諦めかけてたのがPK戦にまでもつれこんだという勢いと特別ボーナスで
ジダが絶好調なので、こいつはもらったと半ば思っていたが、世の中甘くなかった。
序盤リードを奪うも4人目のジェレミが外してPK戦4-4でサドンデスに入る。
なるべくならこいつには蹴らせたくないなと思ったシャビアロンソに回ってしまう。
ここは絶好調なんだから決めてくれ!思った矢先に狙いすぎで枠を外しました・・・コ、コノヤロウ
結局そのあとに決められ惜しくもPK負けで、LC優勝はなりませんでした。残念。

このチーム、ことごとくシャビアロンソに裏切られたチームだったような気がします。
もう、こいつは2度と使わない・・・。
多分、俺との相性が良くないんだな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6度目の戴冠 [WCCF]

今日は久々にトップチームでローカルに参加してみました。
セカンドチームが終盤にかけてあまり調子がよろしくないので・・・。
FM出れば後半に追いつかれて引き分けとかが多くてなかなか連勝できません。
相手が極悪に強いわけではないので若干悔しさが残ります。
引き分けでも連携が延びてくれればいいのですが、見直し見直しの繰り返し。
さらにローカルに出れば、攻めきれずにPK負けしたり、
白チームの勝負弱さを露呈してなかなか勝ち進めません。

そういうこともあり、早くトップチームも試合を消化して次のチームを立ち上げたいのもあり、
さらにトップチームってどんな感じだったっけ?っていうのもあって久々に使ってみました。
簡単に感想を言うと準々決勝のCPU戦でエースのファンニステルローイが怪我で
退場を余儀なくされ、急造の中央突破型で勝てたのが大きかったかなと。
準決勝は対人戦で中央突破型で前半は臨み、後半はクライフェルトを投入して
いつもに近いフォメでやったら絶好調のクライフェルトが2得点。
決勝戦はファンニステルローイが復帰してなんとか2-1で撃破しました。
後半にの相手の選手交代でOUTロナウジーニョ→INシッソコが
実はかなり楽な展開を作ってくれたと思ってます。

これでこのチームで6回目のローカル取得です。
携帯を持ち忘れたので次の機会にでも画像を撮って御見せ出来ればいいのですが・・・。
このチームの感想ですが、白チームを最近やっているせいなのか、綺羅ってすげーと思いました。
ラーションは後ろからつつかれても全く動じないし、ルートにピンポイントで合わせるし
ルートの決定力も凄い。アンリに至っては1人で状況打開ですからね。
それとアンリのキャプテンシーは素晴らしいです。
白チームのCPがキャンベルですから比べるのがかわいそうですが・・・。
チーム的には白チームに比べると圧倒的に黄金連携が少ないんですが、
結果的に勝利していることを考えると、やはり個々の能力が高いってこともチームの強さに
繋がるんだと実感しました。これで連携をもう少し強化したらさらに強くなると思うとわくわくします。
そんなわけで4回戦の壁を破れるか?を楽しみにしたいと思います。

シェフチェンコがなかなか止まらなくて嫌いになりつつあります。
自分が使ってみるより相手にして嫌な選手がいい選手だと思います。
アッピア、ダボ、ガットゥーゾなんかも非常に奪取が強くて嫌です。
これらの選手はセカンドチームで今度使ってみようと思います。
普通に結構強くなりそうな予感がします。

追記:高い位置でのボールキープの強いネドベドも嫌いです。
バンビジャンキーの右サイドのヴェロンも嫌い。
嫌いな選手多いな・・・。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戦術ボタン操作 [WCCF]

先日はシンクロコメントを効率よく出す方法について書きましたが、
今回は戦術ボタンの操作についてちょっと書いてみようかと思います。

基本的に練習中は全点灯で試合開始直前までは全点灯です。
守っている際は、プレス+カウンター戦術で選手の動きを見ています。
中盤のボランチが奪いそうだという瞬間に攻撃したい方向のボタンを点灯させます。
またはその選手から見て、連携の良い選手がいるところだけ点灯させたりもします。

連携が悪いとパスの成功率が落ちたり、オフサイドにかかったり、
パス後の動きに影響を及ぼします。連携がよければよいほど成功率があがるわけで、
攻撃としても計算が立ちます。なので、確率の良いパスを繋げていくという感じです。
相手からボールを奪取した後は基本右サイドもしくは左サイドを決めたら、
基本的に戦術はいじりません。いじるとダイレクトプレーをしてくれなくなってしまうのも一つの
要因ですが、いろいろボタンを押すと動きが混乱するためです。

戦術ボタンはいわば監督の声なわけです。それが、右!右!やっぱ左!いや中央!などと
いろいろ言われたら選手はどこから攻めればいいんじゃい!ってことになりかねません。
さらに、声を通すのにはタイムラグがあるので、尚更です。
これはあくまでゲームなので、リアルとは違うのですが、
そういうことを考慮しながらリアルに近い感じでプレーしています。
シンプルに選手を扱うイメージです。

先週、出先でプレーしているときに、キーパーからダイレクトで3本パスを繋がれ
アーリークロスからジャンピングボレーでゴールを奪われ、唖然としました。
戦術ボタンをあまり動かさずにやると、そういう恩恵も与えられるわけです。
戦術ボタンをこまめに変えたり、プレスボタンをリズミカルに連打したり、
シュートボタンとキーパーボタンを交え、あたかも自分で操作しているかの如く
ボタンを連打しているプレーヤーを見かけますが、個人的にはあまり好きではありません。
確かにシュートボタンを交えると寄せが早くなる感じはしますが、
対した違いはないような気がします。

あと気をつけている点はサイド突破の時の中央突破の点灯です。
雨の日などは非常にボールが走りやすいので中央突破を点灯させると
ドリブルが大きくなってディフェンスにカットされやすくなります。
そこで、中央突破ボタンを点灯させずに、ボールをキープさせた状態で敵のSBと対峙します。
この敵SBとの間合いによって中央突破ボタンの点灯を決めます。
敵を抜いた瞬間に大きなドリブルをさせるようにすれば、
後ろからつつかれてボールを奪われることは少なくなります。
これが相手を抜いてもちんたら走っていると後ろから追いつかれてボールを奪われます。

また、相手SBがスピードタイプか?パワータイプか?によっても点灯を使い分けると
結構SBを抜き易くなります。相手にスピードがある場合には、中央突破を点灯させずに
キープしながらパワーで抜いていきます。逆にパワータイプの場合はスピードを活かすために
中央突破を点灯させて抜いていきます。
問題はスピードもパワーも兼ね備えた優良DFです。
これは抜くのは大変なので相手の間合いによりけりですね。
相手との間合いが少しあるときは、ドリブルを大きくせずキープするように
(中央突破を点灯させない)、間合いが小さければドリブルを大きくして抜きさる(中央突破を点灯)。

これは経験則なので口で言うのは非常に難しいですが、
何度も何度もやっていれば自然と分かってくると思います。
そういう私もWFWとSBとの間合いによって戦術ボタンを使い分けるようになったのは
つい最近のことですが・・・。

サイド突破からの攻撃が理想的なので、今はそういう形で戦術ボタンを操作していますが、
慣れないうちは中央突破型のフォメを用いて中央突破のボタン操作だけに集中するのも
いいかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シンクロコメント必勝法? [WCCF]

幾つか個人的な操作方法をちょっと書いていこうかなと思っています。
まず手始めにシンクロコメントを効率よく出すための選択方法を。
セカンドチームを育成している途中に編み出した独自の選択方法です。
事前に言っておきますが、これはあくまでも自分はそうしていると言うことであって
その通りにやったけどうまくいかなかった!と苦情を言わないようお願いします。
あくまで参考程度にやってみてください。

連携が世界最高の連携(太線)になってしばらくすると、シンクロ待ちの3択になります。
WCCFをやっている人なら誰しも知っていることだと思いますが・・・。
この3択をいかに早く正解してシンクロさせるか?が連携の育成には非常に重要です。
さくっとシンクロコメントが出せれば、黄金連携もさくっと生まれるわけです。
シンクロしなければ、FMで勝利しても黄金連携は生まれません。

通常のコミュニケーションでの3択は、一番上もしくは真中のほぼ2択ですが、
シンクロ待ちの時は完全に3分の1になるわけです。
なので、正解を当てるのはいわば運任せな部分があります。
噂では「3人で遊びに行く」がよくシンクロするというような話を聞きますが、
体感ではそうでもない感じです。それでシャビ・アロンソに何回も裏切られましたから・・・。

そこで自分なりに編み出したのが以下の通りの手順です。

シンクロを出したい選手2人をA選手とB選手とします。
コミュニケーションで初めに1人、誰でも良いので呼び出します。
できれば、A、B以外の選手が良いと思います。AもしくはB選手でも構いませんが
そうすると若干選択が変わるので、注意してください。

C選手を呼び出して一番上または真中のどちらかを選択します。
ここで重要なのは一番上または真中のどちらを選択して、
どちらが正解だったか?ということです。
一番上を選択してモチベーションがアップした場合(正解のとき)、
AとB選手を呼び出したときにも一番上を選択します。
一番上を選択してモチベーションが下がった場合(不正解のとき)、
AとB選手を呼び出したときには真中を選択します。

ただ、この方法をとってもシンクロが100%出ることはないです。
私の見解では、上記によって導き出された選択肢と一番下の「3人で遊びに行く」の
2択になると思っています。本来の確率は3分の1なので、導き出された選択肢を選べば
6割方シンクロが出るのではないかと勝手に思っています。(体感も含めて)
実際にここ最近、この方法をとるようにしてからは、コンスタントに
シンクロコメントを出せるようになりました。以前は結構なはまり時期があったんですけど。

ちなみに、先に呼び出す1人の選手がAまたはB選手の場合は、
正解した方ではない選択肢を選びます。
つまり、一番上を選択してモチベーションが上がったら、2人を呼び出したときには真中を
一番上を選択してモチベーションが下がったら、2人を呼び出したときには一番上を選択します。
感覚的には、同じ選手で2度同じ正解の選択肢はありえないということです。
違う選手の場合は、正解の選択肢を探せ!みたいな感じです。

練習前に絶好調で試合に使ってもらえないのは何故だ?!と選手が
怒鳴りこんでくることがありますが、それも1人の選手を呼び出したときと同じことだと思ってください。

冒頭でも述べた通り、これをやれば必ずシンクロコメントが出るというものではないので、
参考程度に試してみてください。
っていうか、ひょっとしたらみんなやってることなのかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感